当社は創業明治の長寿企業・工業彫刻及びゴム金型の老舗です

ゴム金型設計制作

 

ゴム金型製作に必要な全ての設備を完備。設計から製作までのワンストップサ-ビスで、短納期・コストダウンを推進します。他社で断られた複雑形状や外観部品等も、高度な技術で解決のお手伝いを致します。

高速加工機や最新3次元CAD/CAMの導入など、積極的な設備投資により常に最先端の製造環境をキ-プ。豊富なノウハウと業界最高レベルの設備を以ってお客様の期待にお応えします。

 

業務用印鑑・工業彫刻

 

当社で最も歴史ある技術が彫刻技術です。全自動システムによる高品位な業務用印判の製作が可能です。郵便局の消印や官製用印鑑製作の長い歴史は、高い技術力と当社への信用の証でもあります。

 

リバースエンジニアリング(3次元立体モデル)

 

CADCAMデ-タ-作成/3Dスキャナ-。立体モデルを光学スキャンしゴム金型へと変換が可能です。サイズや精度の制限があるので、一度ご相談下さい。



設備更新

 

FANUCロボドリルα-D21MiB導入

精度の追求と納期短縮を目指して、最新の制御装置を持つFANUCロボドリル導入しました。ストロークはX軸600mm・Y軸400mm・主軸は金型加工用の高トルクタイプで、ポケット加工から微細加工までオールマティにこなせます。

 

 

トピックス

 

▼ 2021年11月 ゴム・プラスチックの技術情報誌「ポリマーTECH」vol.11に論文を寄稿しました NEW

従来工業製品は機能や生産性、コスト意識といった分野に研究の主眼が向けられてましたが、本稿では「自然界の神秘から学ぶ」といった、これまでに無い新しい視点から工業用ゴム製品を見つめた内容となってます。

 

▼ 2021年7月 日刊工業新聞社発行の専門誌「機械技術」にトップページ連載 NEW

芝浦工業大学デザイン工学部澤教授による連載企画「独自技術で光る日本の機械加工現場」で、当社の加工技術がトップページ連載で取り上げられました(全5ページ構成)。

 

▼ 2021年1月 東京理科大にてミミクロコートの講演 NEW

東京理科大学(葛飾キャンパス)と葛飾区産業振興課主催による講演が、2021年1月葛飾テクノプラザにて行われました。弊社代表の藤原が法政大学デザイン工学部との共同研究成果「ミミクロコート」の講演を行いしまた。

 

▼ 2020年 日本ゴム協会でリモート講演

コロナ禍の下、日本ゴム協会様の依頼でZOOMでのリモート講演を行いました。テーマは「ゴム金型の表面処理技術・ミミクロコートの活用」です。ブリジストン研究室からの声がけで実現致しました。

 

▼ 2017年 葛飾ブランドに認定

葛飾区では高い技術を駆使して作られた製品を葛飾ブランド「葛飾町工場物語」として認定し、その製品にまつわるエピソードや技術の詳細を「物語」として区内外に発信しています。2017年10月当社の技術が栄えある葛飾ブランドに選ばれました。

 

▼ 2016年 NTTデータエンジニアリングシステムズ講演

NTTデータエンジニアリングシステムズ(3D.CADCAM)のユーザー代表に選ばれ、「Space-E CamWebの有効活用~分散型DNCとの連携~」と題したセミナー講演を大宮で行いました。

 

▼ 2016年 レーザー溶接機導入

金型の修理メンテナンスを容易にする為、中型のレーザー溶接機を導入しました。経年劣化による喰い切りの復元や成形時のトラブル(破損)、また設計変更に於ける部分修正等に於いて、熱変異の少ないレーザー溶接機は抜群の威力を発揮します。

 

▼ 2011年 法政大学工学部との共同研究

東京都主催産学連携事業の一環として、法政大学との共同研究を開始しました。1・画像処理における金型の超微細加工システム 2・熱中症防止製品の開発 3・タコの吸盤構造を模倣した強力吸盤 以上3つのprojectが法政大学の研究室サイトで紹介されてます。

 

 

Gallery